2012年6月15日金曜日

6月14日の窓を覗く

今回は外へ出かけることに。
行先は裕生出会いの館。南部町です。大山の近くで山の中でちょっと遠い。
板 裕生の版画とコレクションの資料館。ここはすごく面白いぞ。
コレクター集団に入ったはいいけど、自分の土人形コレクションを集めたいのに金がないから物々交換をするんだけど、コレクターからもらったものを版画にして、私家本にまとめたものを作って渡すことで、物々交換てしていった人の資料館。
どんどん集めた結果いろんな人がタダでものをくれはじめて、全部もらいきって集めた数は4万点。版画も上手いし、集めたものもおもしろい。
企画展は大正から昭和初期にかけての博覧会ポスター展。
アールデコ調なのにお姉さんの足元には鍬がある謎のポスター、凝りすぎて読みづらい文字とかおもしろい。結構貴重なものらしい、県外の美術館からも調査に来ると言ってた。

ここは最近観に行った中ではソウルで見に行った木人博物館 に次ぐおもしろさ。
企画展が変わったらまた行こうと誓うのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿