2011年11月18日金曜日

11月17日、18日の窓を覗く

今日こそ神楽面を作るぞ。というわけで基本となる部分を針金で組んでみました。
作り方としていろんな工程があるのですが、作業的にはそう難しくないと思う、ところが物を立体的にとらえ、それを実現できるかというのは人それぞれなのですね。普段は誰でも三次元で物を認識しているのに、見るのとやるのでは違うようです。わしは普段何か作りたいものがあると、何もない空間でもそこに形があるように見えるし、それに触ることもできるし、なんだったら動かして遊ぶこともできるくらいなんだけど。
こんな話もあります。うちのお父ちゃんは庭師ですが、庭師の中にも木を丸く刈ったり四角く刈ったりするのが何年やってもできない人がいて、それもやはり同じようなことなんでしょう。

18日には映画を観ました。「怪盗ブラック・タイガー」タイ映画です。
タイ製西部劇。なんで西部劇なのかは不明。セットや色使いにこだわって作っているなとわかるけど、変な映画。いろんなところで気になるものが出てきておかしい。
一番気になるのはマヘスワン。こいつは笑い声もおかしいが、もっと気になるのは髭を描いてることだ。みんなやたら人を殺すし。血まみれ=娯楽文化は南方に多いと思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿